幸せのおまじない

結婚式にまつわるジンクスやおまじない、あなたはいくつご存知でしょうか。
ここではそんな、知っておくともっと楽しく・しあわせな結婚式を迎えられそうな、
いろいろな豆知識的「幸せのおまじない」をご紹介します。

ジューンブライド ― JUNE BRIDE ―

『6月に結婚する花嫁は幸せになれる』と言われている “ジューンブライド”。
ここまでは知っている人も多いと思います。それではなぜそう言われるようになったかお話します。

これはヨーロッパから来ていることで、6月はギリシャ神話の女の神ジュノー(JUNEの語源)の支配する月で、ジュノー加護が受けられると言い伝えられています。女神ジュノーの夫はゼウス(ローマ読みではジュビター=JULYの語源)で浮気性の神様でした。夫の浮気に悩まされたジュノーは、自分が加護する月に結婚する花嫁にはこのような苦労をさせないように見守り、祝福を与えてくれるそうです。

永遠の幸福と変わらぬ愛を約束するツタ

一年中みずみずしいグリーンの葉をつけるツタは、枯れないことから不滅と忠実のシンボルとされています。

古代ギリシャ時代より、変わらぬ愛と永遠の幸福を約束する結婚のお守りとして、花嫁を見守ってくれています。

サムシングフォー ― SOMETHING 4 ―

  • ◆サムシングニュー(何か新しいもの)
  • ◆サムシングオールド(何か古いもの)
  • ◆サムシングバロウ(何か借りたもの)
  • ◆サムシングブルー(何か青いもの)

この4つのものを結婚式の日に身につけると幸せになれるとヨーロッパでは言い伝えられています。

サムシングニュー / Something New

これから始まる二人の新しい生活を象徴します。
二人の将来が健康で、幸せで、成功したものになるように見守ってくれるおまじないです。
ドレスやベール、靴、ランジェリー、ストッキングなど花嫁が身につけるものに取り入れてはいかがですか。

サムシングオールド / Something Old

先祖から受け継いだ富を象徴します。
また、その家の富や歴史をこれからも伝えていくことでもあり『いつまでも家族の愛情が共にあってほしい』という願いも込められています。
祖母や母から譲り受けた古いもの(真珠のネックレスなど)やアンティークレースを使ったハンカチや伝統を感じさせるものを身に付けてみては。

サムシングバロウ / Something Borrowed

家族の愛情や友情のしるしであり、隣人愛に恵まれますように、というおまじないです。
幸せな結婚生活をおくっている人から何かひとつ借りてみて。
でもきちんと返さないと幸運が逃げてしまうとも言われています。

サムシングブルー/ Something Blue

ブルーは花嫁の純潔と貞操を表しているといわれます。花婿への貞潔の証としてブルーのリボンを髪につけた古代イスラエルの習慣からブルーのものを身に付けるようになったとか。

ブーケにブルーの小花を入れるとか、ブーケやリングピローのリボンをブルーにする。ブルーのガーターを身につけるなど、何気なく、さらりと使うのがポイントです。

靴にはコインを…

サムシングフォーの言い伝えには続きがあり『そして靴には銀の6ペンス』が結びの言葉とか。花嫁の靴に6ペンスコインを忍ばせておくと、実り豊かな結婚生活が送れるという言い伝えです。また、6ペンスコインの他に金貨を1枚忍ばせるとも言われています。

靴に塩をふりかけて

靴に関する幸運のおまじないがもうひとつあります。
靴に塩をそっと振りかけると、悪魔を退け、汚れを清めてくれると言われています。

手袋の中に砂糖

手袋の中にお砂糖をひとつまみ入れる。
これは、甘い結婚生活がいつまでも続くことへのおまじないです。
靴に塩なら、手袋には砂糖・・ということですね。

子宝に恵まれる約束のドラジェ

ドラジェとは結婚の幸福を意味するアーモンドを砂糖で包んだヨーロッパを代表する祝菓子です。
枝いっぱいに実をつけるアーモンドは子孫繁栄のシンボルとされ、幸せを分かち合いたいという願いを込めて贈られています。
ヨーロッパでは花嫁のベールと同じチュールにドラジェを包んで配るそうです。

幸せな未来のシンボル、ウエディングマウス

ウエディングドレスなどを着た小さなねずみの人形です。
欧米では、生涯同じパートナーと暮らし子だくさんのねずみが幸福な家庭の象徴とされることに由来します。
結婚式の受付に飾ったり、メインテーブルへ一緒に置いてみてはいかがですか。

ウッドスプーンのおまじない

『食べるものに一生困らないように』という意味があるウッドスプーンは披露宴会場や新居のキッチンに飾りましょう。

幸運をもたらすラッキーホースシュー

昔イギリスでは馬の蹄鉄はお守りと考えられていました。
そこから蹄鉄は幸運のシンボルとなり花嫁の欠かせないチャームとなりました。

幸せのリレー、ブーケトスとガータートス

花嫁が投げるブーケトス

皆さんが良く知っているブーケトス。
これは花嫁が女性ゲスト(未婚)に背中を向けてブーケを投げます。それを受け取ったゲストが花嫁になるといわれ幸福のバトンタッチの意味をもちます。
特定のゲストに渡したい時は直接渡してね。

ガータートスは男性ゲストへ..

ガータートスはブーケトスの男性版。
ただ、ガーターは花嫁の脚につけられているので投げる前に花婿が花嫁のガーターを外します。ドレスの裾からガーターを外す姿はゲストに冷やかされるかもしれませんね。

各種お問い合わせ・資料請求は以下よりお願いいたします。

〈電話でのお問い合わせ〉TEL:0276-32-1122資料請求はこちらお問い合わせフォームはこちら

↑ PageTop